サンバソウ

久しぶりに「いつもの渡船」で行ってきました(^-^)v


今日もシマシマ部部員のM坂氏との釣行。
丹後愛釣会フカセ部部長も来てました(^-^)/



渡船場に着くとお客さんが多いですが、事前に予約を済ませていたので前にも乗ったことのある磯へgo!



足下から15~20㍍と水深はバッチリ!





しかし、横風がけっこうキツくやりづらい(-.-)



朝一から餌とりの活性も高いのか低いのか微妙な感じが続いていましたが、いきなりまいこみんぐ!



食べ頃サイズのサンバソウさんでした(^-^)v


サンバソウでも柔らかい竿を使うと、けっこうな迫力で舞い込みますので、これはこれで面白い!


もっと柔らかい竿を探しているのですが、現行では販売されておらず残念な限りです。



続けているとまたまたまいこみんぐ!




これも小さい割に良い舞い込みをしました。


まだ釣れそうなので集中して打ち返していると、いきなり大きく舞い込んだ!!
少々焦って合わせると、なかなかの手応え(^o^)



M坂氏もタモを持ってランディングのスタンバイをしてくれています。




上がってきたのは…






赤いやつでした(;´д`) ガックリ





餌とりと風に悩まされながらも同行のM坂氏も同サイズのサンバソウさんゲット~(^o^)



終わり頃にも本命らしき当たりが続いてましたが、時間なので後ろ髪を引かれながも納竿としました。



サンバソウが釣れたので、まあまあ満足して帰ってきましたが、他の磯では57センチの石鯛が釣れてました(汗)


これから石鯛釣りには絶好のシーズンです。
安全第一で頑張っていきましょう!







スポンサーサイト

ぷるぷるぴくぴく

今日もシマシマ釣りへ(((^^;)



シマシマ部部員のM坂氏はクエ釣りに行くそうで部活はお休みです。



出かける前に嫁さんに冷蔵庫のザザエを発見され、「もう石鯛は要らんで!」と強く念を押されました。

釣れたらどうしよう…(^o^;)



今日は前回の実績場はあえて外し、初めての磯へ渡礁。




過去には良い釣果が出ている実績場らしいので、朝から気合いを入れて準備をします。



一投目から活性の低そうなエサとりのアタリが続きますが、とにかくアタリが弱々しい。



コンコンまでもいかず、ぴくぴくっとかモソモソっとかぷるぷるっとかそんなのばかりです(*_*)



打ち返すたびに気配が変わってくることが多いので、エサとりの相手をしながら本命が寄ってくるのを待ちます。




待ちます…





待ちます…





待ちます……




しかしいつまでたってもぷるぷるぴくぴくのまま変化がありません。

本命お留守のようですね(-_-;)


そうなればやることはひとつ!


てっしゅー(笑)



はい、完全撃沈です。
これで嫁さんに怒られなくてすみそうです(^-^)





リクエストのあった極悪非道仕掛のサザエの付け方をご紹介して釣行記を終わりたいと思います(汗)



まず、ナイフで蓋を取ったサザエを縦に半分に切ります。

スパッ (°∀°)





そしたらサザエの赤身とワタの間の白色の部分に針を掛けます。


こんな感じです。





エサとりが柔らかい白い部分をかじってエサをとられると、赤身の部分が海底に残り、撒き餌の効果を発揮するのではないかと思っています。



これを何回も繰り返していると、沢山赤身の撒き餌が出来るというイメージです。



エサとりが多いときやエサにボリュームをだしたいときは半分に切ったもうひとつを同じ部分に掛けます。





小さいエサだから大きい石鯛が食わないかといったらそんなこともないように思います。




大きいエサのほうが目立ったり、エサとりにつつかれてもエサが針に残っていて石鯛が食うタイミングを作れたりと他の要素のほうが大きいのではないでしょうか?



とにかく、いかにエサとりにエサを触らせるかが本命を呼び寄せる近道だと思っています。




まだまだ検証段階なんでいろいろ模索しながら頑張りま~す!



まつりだ わっしょい!まいこみんぐ祭の巻

二匹目のどじょうを狙って今日もシマシマ釣りへ (^^;)


シマシマ部部員のM坂氏も一緒です。


海は凪ぎで絶好の石鯛日和。


この前のポイントで竿を出します。




もちろん今日も朝から極悪非道仕掛で勝負です!



今日はウニの撒き餌無しなんで、磯際のイガイや亀の手をパラパラ撒いて様子を見ていると、プチ舞い込み!



手のひらサイズの真鯛さんでした。



その後もエサとりのアタリの合間に、手のひらサイズのキジハタがポツポツ釣れるも、石物の気配はありません。



まあ、そんなことはいつものことなんで気にせず打ち返していると、本命らしき強いアタリが出始めた!



寄って来たらこっちのもの(^^)
必ず掛けます!


今日は嫁さんに大きい石鯛は要らないから煮付けにする手のひらサイズ釣ってきて!
と言われてきましたので、気が楽です(^-^)




案の定直ぐに舞い込み、30センチ位のサンバソウをげっと!




煮付けにするには多少大きめですが、まあ許容範囲かな?





そのあとも飽きない程度に同サイズのサンバソウやこちらでは珍しいイシガキダイを連続げっと~!



さすが南方魚のイシガキダイ。
舞い込むスピードが早くて力強い。



今日は舞い込みが何回も見れてめちゃめちゃ楽しい!



やっぱ柔らかい竿は食い込みやすく、舞い込みも派手な感じで面白い!




同行のM坂氏も同サイズのイシガキダイを釣り上げた様子。
初まいこみんぐおめでとうございます\(^^)/



これで地獄道へまっしぐらやな(笑)




こちらはもうお土産十分なんで、お気楽モードでやってると、オモリを動かす様な強いアタリが出始めた!


ガクンガクンと竿先が段階的に舞い込んで行く。



今までの経験から、もう口のどこかに極悪非道仕掛が掛かっているのが分かっているのでゆっくりと合わせを入れてやる。



この仕掛の理想的な針の掛かり方は、針を飲み込んで口の奥の方にフッキングする掛かり方。




この掛かり方であれば相当なサイズがきても、針を伸ばされることなく獲れるはず。



なかなかの抵抗をみせた石鯛も赤鬼の粘り腰に観念したのかだんだん浮いてきた。





これデカイんとちゃう?





M坂氏にサポートしてもらい何とか釣り上げたのは…





本石では自身初の60センチオーバー!! (祝)









そのあとにも体に似合わない小さなアタリで舞い込んだのは…





またまた60センチオーバー!




やりすぎ?





二枚目は口の中に掛かる理想のフッキングでバレる気がしませんでした。




で、今日の全釣果






全て極悪非道仕掛Ⅰ(改)での釣果です。






活性の低い石鯛をもハリスの細さと小針で違和感なく食い込ませ、確実に獲る!



この仕掛で石鯛を釣るには柔らかいMクラスの竿と柔軟なやり取りが必須です。





タックルデータ
竿:初代赤鬼
リール:トーナメント石鯛Z30(ハンドル換装)
ライン:アストロン石鯛トリプルガンマ18号
瀬擦ワイヤー:ドラゴン金線37番
天秤:捨てオモリ式遊動天秤(自作)
オモリ:六角オモリ25号
捨糸:フロロカーボン6号
針:極悪非道仕掛Ⅰ(改)




プロフィール

ゆる中年

Author:ゆる中年

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR